You are here

(証券&投資) FX Transaction Cost Analysis: The Buy-Side Weighs In

(証券&投資) FX Transaction Cost Analysis: The Buy-Side Weighs In

FX向けTCA(取引コスト分析)の活用が、バイサイド金融機関の間で急速に拡大し、機関投資家による執行後分析を向上させている

Boston, December 19, 2013 – TCA(取引コスト分析)は特定のベンチマークと比較して取引がどのようにパフォームしているかを説明するデータを提供するものであるが、アルファを追及する世界中の資産運用会社から注目を集めている。かつて市場参加者はTCAを基本的なコンプライアンス監視ツールのひとつとして見ていたが、現在では資産運用会社がアセットクラスとデリバティブ商品を横断して取引ベニュー(場)の選択とアルゴリズム戦略の分析に活用している。

通常、FX(外国為替取引)TCAはポスト・トレード分析を意味するものであるが、バイサイド金融機関は従来のTCAにプレ・ドレード分析とリアルタイム分析を併用し始め、そのことによってトレーダーが細分化されているFX流動性をひとつのベニューに集約し、執行を向上させ、パフォーマンスを予想し、リアルタイムで期待パフォーマンスを調整することを可能にしている。

Q: FX TCAをレビューした後に、その情報をどのように活用しますか?

(該当するものすべてを選択してください:回答数=17)

出所:アイテ・グループが2013年10月~11月にバイサイド投資家を対象に実施したFX TCAサーベイ

本稿では、アイテ・グループが2012年と2013年にバイサイド金融機関を対象に実施した定性(質的)サーベイをベースに、FX TCAで起こっている主要なトレンド、投資ポリシー・ガイドラインを決定するシニア年金幹部、基金幹部、毎日のトレーディング意思決定を実行している通貨ポートフォリオ運用者やFXトレーダーなどの多様な役割を担っているバイサイド・エンドユーザーの現在の見方、最良慣行を議論する。

 

証券&投資のセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。