You are here

(証券&投資) Hedge Fund Trends and Challenges 2014, Part Two: Achieving Institutional Credibility

(証券&投資) Hedge Fund Trends and Challenges 2014, Part Two: Achieving Institutional Credibility

ヘッジファンドが会社としての信頼を回復するためには、最初に投資家からの信用を勝ち取らなければならない

Boston, February 13, 2014 – ポートフォリオ管理は常に進化を続けており、直近の例としては投資プロセス全体を通しての透明性と説明責任の向上に向けての進化が挙げられる。金融機関としての信頼性とは、金融機関のオペレーションの安定性を意味し、ヘッジファンドのオペレーション効率性、規制要件、リスク管理、投資の意思決定優先順位---を動かす流行語になっている。その結果、金融機関の最終的な投資の成否をサポートするテクノロジー・インフラにスポットライトが当てられている。しかし、どのようなテクノロジーを選択すれば投資家からの信用を勝ち取ることができるのだろうか?

 

Q:この市場環境の下、ヘッジファンドが信頼性を回復するのはどれほど困難であると考えますか?                                                                (回答:39人)

出所:アイテ・グループが、2013年7月~8月に40人のポートフォリオ運用オペレーション幹部を対象に実施したインタビュー

 

本稿では、アイテ・グループが、Tier-1とTier-2のヘッジファンドの幹部とマネジャーの合計40人に対して2013年夏に実施したインタビューをベースに、ヘッジファンドにおける優先課題のドライバー(推進要因)としての金融機関の信頼性という概念を検証する。また、インフラ、アウトソーシング、テクノロジーに対する現行の投資トレンドも明らかにする。本稿は、ヘッジファンドの投資運用オペレーションに関する2部構成レポートの第二部となるものである。

 

証券&投資のセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。