You are here

(証券&投資) Leading Portfolio Systems, European Edition: La Vie en Rose

(証券&投資) Leading Portfolio Systems, European Edition: La Vie en Rose

機関投資家向けポートフォリオ・システム各社は、欧州市場においても、難しい状況での舵取りを求められている。規制対応や機能向上が求められる一方、ユーザーからのコスト・プレッシャーも強い。

Boston, February 19, 2014 – 欧州市場で利用されているポートフォリオ・システムは、総合システムからバックオフィス会計システムまで多様であるが、長年に渡って大きなシェアを確保しているベンダーの大半は、ポートフォリオ会計システムを提供している。

これらのシステムを活用している機関投資家は、昨今の新規制への対応や、より幅広いアセットクラスの取り扱いなどの機能追加を求める一方、コスト節減圧力にも直面している。ベンダー各社は、このようなニーズの変化に対して優れたサービスと高いパフォーマンスで応えることを迫られており、ユーザー・インターフェースや業務プロセスの改善、レポーティング機能の強化策などに取り組んでいる。

本稿では、欧州のポートフォリオ・システム市場の現状を検証し、ERI Bancaire、Lindata Chorus、Lindata Icon、Multifonds、Misys、SimCorp、SunGardという欧州市場で広く活用されているベンダー・ソリューションを紹介する。

本稿は、アイテ・グループが2013年8月~10月に31のポートフォリオ管理、ポートフォリオ会計システムを提供しているベンダー22社を対象に実施したサーベイとインタビューをベースにしている。

 

証券&投資のセグメントをご購読のお客様は、CLIENT Loginボタンより日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。