You are here

(証券&投資) Reconciliation Technology in 2014: Check Yourself Before You Rec Yourself

(証券&投資) Reconciliation Technology in 2014: Check Yourself Before You Rec Yourself

リコンシリエーション(突き合わせ)テクノロジーの多様なユーザーが増加する

By Virginie O'Shea, William Woodward

Boston, January 23, 2014 – かつてはキャッシュ口座の照合に多く使われていたテクノロジーである、リコンシリエーション(突き合わせ)テクノロジーが、金融機関の多様なプロセスをサポートする上で不可欠なものになっており、その使用が一段と増加しようとしている。市場圧力を背景に、金融機関はリコンシリエーション・テクノロジーの活用を優先課題トップ10の一つと認識しており、さらに透明性の向上とデータの信頼性に対する認識の高まりを受け、過去2年間にリコンシリエーション・テクノロジー市場への新規参入が増加している。

その上、規制と経済の要因が、金融機関による手作業リコンシリエーションの維持を難しくしている。リコンシリエーション・テクノロジーはどのように、金融機関がデータを報告し、規制と市場構造の変化に歩調を合わせ、コストを抑制し、リスクを低減する上での助けになるのであろうか?

 

リコンシリエーション・プロセスに対する圧力        (回答:20)

出所:アイテ・グループが2013年Q3とQ4に20金融機関のリコンシリエーション担当幹部を対象に実施した調査

本稿は、2部構成レポートの第一部となり、現行の投資に対する社内外の推進要因、要員/プロセス/テクノロジーを含むリコンシリエーションの弱点、今後のリコンシリエーション・テクノロジー向け投資に金融機関がどのようにビジネスケースを構築しているかなどの、リコンシリエーション市場の重要トレンドを検証する。本稿は、2013年Q3(第3四半期)とQ4に20の金融機関のリコンシリエーション担当幹部を対象にアイテ・グループが実施したインタビューをベースにしている。

 

証券&投資のセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。