You are here

(ウェルスマネジメント) The U.K. Wealth Management Landscape: Change Is a Certainty

(ウェルスマネジメント) The U.K. Wealth Management Landscape: Change Is a Certainty

欧州最大の資産運用市場である英国では、個人向け金融商品販売制度などの改革が引き金となり、ウェルスマネジメント業界全体が、今までにない変化に直面している

Boston, April 17, 2014 – 2012年に実施された英国の個人向け金融商品販売制度改革(Retail Distribution Review:RDR)は、リテール金融商品の消費者向けのサービスを大幅に向上させることを目指したもので、英国のウェルスマネジメント・ビジネスに劇的な影響を与えている。

RDR(ならびにウェルスマネジメントのセクターに関連する一連の新規制)に加え、顧客の期待やテクノロジーの導入、競争の激化等が英国のウェルスマネジメント市場の変化を加速させている。英国のウェルスマネジメント・セグメントほど多様で大規模な市場であっても、今後大幅な変化は避けられないと思われる。

(すべてのタイプを含む)英国のアドバイザー数の推移 2012年1月~2014年1月

出所:アイテ・グループ

本稿では、市場リサーチならびに英国のウェルスマネジメント業界関係者に対するインタビューをベースに、英国の経済状況、金融センターとしての強味、ウェルスマネジメント市場に衝撃を与えている規制等を考察し、あわせて、主要ビジネス・タイプ別の市場規模とそのプロファイルを紹介する。

 

ウェルスマネジメント・サービストのセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。