You are here

(ホールセール銀行/リテール銀行)Mobile Remote Deposit Capture: Where’s the Fraud?

(ホールセール銀行/リテール銀行)Mobile Remote Deposit Capture: Where’s the Fraud?

モバイルRDC(小切手のイメージ送信によるダイレクト入金)のリスクとメリット

Boston, March 12, 2015 – RDC(小切手のイメージ送信によるダイレクト入金:Remote Deposit Capture)は、最初に定期的に大量の小切手を入金する大手企業顧客のために投入された。しかし、最近では多くの銀行とクレジットユニオンがモバイルRDCサービスを消費者顧客に提供し、モバイル機器による小切手のイメージ(写真)化と送信による入金を可能にしている。こうして、消費者は銀行の営業時間に制限されることなく、当座預金口座への便利な入金が出来るようになっている。しかし、リスクはないのだろうか?不正・詐欺行為は発生しないのだろうか?

本稿では、米国の金融機関とRDCソリューション・プロバイダーを対象にしたインタビューをベースに、RDCとモバイルRDCを使っての不正の現状とプロセスを通して設置されている不正コントロールの実態を明らかにした。加えて、現在の市場環境を検証し、効果的なリスク・コントロールのために協働が果たす役割りに言及している。さらに、テクノロジー・ベンダーのA2iA、BAE Systems、Digital Check Corporation、Early Warning、FIS、Fiserv、Fundtech、Jack Henry、Kofax、Mitek、NCR Corporation、Nice Actimize、SAS、TransCentraのプロファイルを紹介した。

 

ホールセール銀行/リテール銀行のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents