You are here

(リテール銀行) 日本と米国:ペイメント・システムの比較

(リテール銀行) 日本と米国:ペイメント・システムの比較

米国と欧州のペイメント・プレーヤーと日本の銀行は、日本をグローバル・ペイメント・エコシステムに組み入れるためのロードマップを策定する必要がある

Boston-10-14-2015-日本のペイメント(決済)エコシステムは、欧州や北米のペイメント・プラットフォームとは別個に進化した。同様の基本機能は存在するものの、その機能をデリバーする方法が大きく異なっている。特に、非接触型決済(contactless payments)、電子マネー、送金、請求書の支払いやほかのB2B/C2Bのトランザクションの実行方法が大きく異なっている。

本稿では、日本の銀行、コンサルタンント、小売業者とのディスカッションならびに日本銀行、JR、全国銀行協会(全銀協)から入手した情報をベースに日本のぺイメント・インフラを検証し、米国のペイメント・システムならびにグローバル・ペイメント・イニシアチブと比較した。

 

リテール銀行のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

More from this author