You are here

(リテール銀行)Sizing Person-to-Person Payments in the United States

(リテール銀行)Sizing Person-to-Person Payments in the United States

米国P2Pペイメントの件数、金額、用途、世代による違い

Boston, November 5, 2015 – 個人間のペイメント(送金/支払い)は日常的に実行されているが、電子的なP2P(個人間)ペイメントは現在になってやっと約束したものを提供し始めたばかりである。複数の新しいペイメントの手段の出現によって、消費者がデジタルに送金/支払いできるようになっており、銀行やノンバンクといった業界の多様なステークホルダーがこぞってほぼ手付かずのパイを巡る競争を始めている。だれが、米国のモバイルP2Pペイメントを支配するようになるのだろうか?

Q:あなた、または家族は、2014年にどの手段を使って個人に送金/支払いしましたか?

出所:アイテ・グループ

本稿では、2015年Q2(第2四半期)に米国の消費者1,724人を対象にアイテ・グループが実施したサーベイをベースに、米国におけるP2Pペイメントのトランザクション件数、金額、用途、世代による違いを検証した。

 

リテール銀行のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents