You are here

(日本語抄訳付) Telematics for Commercial Vehicle Insurance: A Vendor Overview

(日本語抄訳付) Telematics for Commercial Vehicle Insurance: A Vendor Overview

テレマティクス・デバイスとリアルタイム・データ分析の進歩により、リスクの適切な評価と保険金請求処理の時間短縮が見込まれる

London, 23 August 2018 – 商用車向け自動車保険会社では、新しい「モビリティ・オプション」が標準となるにつれて、商用車市場のニーズの変化に合せて進化する必要がある。この進化の難易度は高く、商品と引き受け方法の抜本的な見直しや、新たな保険金請求プロセスの策定などが含まれる。しかし、テレマティクス・プロバイダーは、モビリティ分野に対応すべく技術を蓄積しており、商用車の運営会社や保険会社がリスクを適切に管理しコスト削減できる新デバイスとテクノロジーを提供している。

本レポートでは、商用車に関する自動車保険市場の動向と、これに対するテレマティクス・ソリューションを概説するとともに、以下のベンダー18社を紹介する: Accenture, Amodo, Arity, Baseline Telematics, Cambridge Mobile Telematics (CMT), eDriving, EXL, The Floow, Intelligent Mechatronic Systems (IMS), LightMetrics, messageLoud, Nexar, Octo Telematics, Scope Technology, SpeedGuage, TransUnion, Verisk, Zendrive。本稿は、2018年5月から7月にかけて、北米/欧州/アジア/アフリカの保険会社、及びテレマティクス・テクノロジー・ベンダーの役員50人に対して実施したインタビューや対話から得た情報を活用している。

本レポートは、8つの図表と5つの計表を含みます(全46ページ)。アイテ・グループの損害保険サービスをご契約のお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートは、AIG, Allstate, American Transit, Answer Financial, AXA Direct, BNP Paribas, British Telecom, Caixa Seguradora, Cellcontrol, the city of Chicago, FICO, Generali, Group Sura, Hereford, Industrielle Alliance, Maritime Financial, Mobly Belgium, Nationwide Insurance, Nestle, P&V Insurance, Porsche, SGI Canada Insurance Services, Sur, Tribe, Triglav Group, Zurich Risk Servicesに言及している。