You are here

(日本語抄訳付)Connected Homes: What Do Homeowners Want From Insurers?

(日本語抄訳付)Connected Homes: What Do Homeowners Want From Insurers?

「コネクテッド・ホームの所有者」の大半は、保険会社によるデバイスの設置管理の支援を受け入れる用意がある

Boston, September 13, 2017 – 消費者が自宅に設置できるIoTデバイスは、ますます普及している。保険会社にとって、これはジレンマである。保険会社は、IoTの出現を顧客とのエンゲージメント方法を変えていくビッグ・チャンスと捉えるだろうか? あるいは、おざなりな対応と保険料の割引でお茶を濁すだろうか?

本レポートは、保険会社(生損保、及び医療保険)が、個人住宅所有者のIoTデバイスと保険に対する考えや行動について、より深く理解頂くことを狙って執筆した。本書は、2017年6月~7月にかけて、アイテグループが米国消費者3,957人(うち516人は自宅にIoTデバイスを設置している)に対して実施した調査から得た情報を活用している。

本インパクト・レポートは、61の図表と1つの計表を含みます(全65ページ)。アイテ・グループの医療保険・生命保険・損害保険サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートは、Alert Labs, American Family, August Home, Aviva, Cocoon Labs, Desjardins, Intact, Keen Home, Liberty Mutual, Munich Re, Neos, Notion, Ring, Roost, USAAに言及している。