You are here

(日本語)The Common Reporting Standard: The Story So Far

(日本語)The Common Reporting Standard: The Story So Far

CRSの影響はまだ限定的だが、金融機関は透明化の時代へ向けた準備を開始する必要がある

London, 20 November 2018 – 共通報告基準(The Common Reporting Standard=CRS)とは、金融機関が毎年収集する非居住者の金融口座データを、各国の税務当局間で自動的に交換するために国際基準である。 2014年7月15日にOECDがCRSを承認して以来、参加を表明した国・地域は100を超える。ウェルス・マネジャーやプライベート・バンクでは、この指令の準備により事務量やコストが増加しただけではなく、国・地域を跨ったオフショア・ウェルス・マネジメントへの考え方を根本的に変えはじめた。

新たに登場した本インパクト・ブリーフは、お客様のフィードバックを基に、新たなトピックを迅速に取り上げ、その分析結果を簡潔かつ、より頻繁に提供させていただくために企画されたものです。詳細につきましては、info @ aitegroup.comまでお問い合わせください。.

アイテ・グループ のWealth Managementセグメントをご契約のお客様は、本インパクトブリーフ(全27ページ)をダウンロードいただけます。Impact Brief.