You are here

(日本語)The E-Commerce Conundrum: Balancing False Declines and Fraud Prevention

(日本語)The E-Commerce Conundrum: Balancing False Declines and Fraud Prevention

ECサイトにおいて多数の不正防止ツールが活用されている背景には、不正による損出の増大に加え顧客エクスペリエンスの改善ニーズがある。

Boston, July 10, 2019 – Eコマースが全世界で急成長している中、リテール・ビジネスは、デジタル・チャンネルに真正面から取り組まないかぎり、絶滅への道をたどりかねない。不正取引の脅威が増加する一方で、消費者は簡単/迅速/便利なエクスペリエンスを求めており、セキュリティを強化しつつ売り上げを伸ばすためには、デジタル・チャネル上での様々な行動/活動を細かく管理しなければならない。

本インパクト・レポートでは、ECサイトが導入している不正取引防止ツールの状況、今後のテクノロジー計画、売上向上のためのFalse Positiveの削減方策/顧客エクスペリエンス向上施策を検証した。執筆にあたっては、年商1億米ドル以上10億米ドル未満のECサイト100社のエグゼクティブを対象にオンライン調査を実施した(スポンサーはClearSale社)。

本インパクトレポートは24の図と2つの表を含みます(全30ページ)。アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents