You are here

(日本語)Artificial Intelligence in Wholesale Payments: Five Use Cases

(日本語)Artificial Intelligence in Wholesale Payments: Five Use Cases

ホールセール・バンキング分野でも、様々なベンダー・ソリューションやプラットフォームにAI機能が組み込まれており、多くの金融機関が人工知能を活用できる仕組みが整いつつある。

Boston, July 11, 2019 – AI人工知能(AI)や機械学習(ML)は、Wholesale Banking/Payments分野でも次第に存在感を高めているが、まだ広く理解されているわけではない。ただ、その影響を少なくなく、長期的には他の分野と同様大きな影響を受けるだろう。

 本レポートでは、ホールセール・バンキング分野におけるAIおよびML技術の導入状況を概観するとともに、五つの業務におけるAI活用動向をとりあげた。執筆にあたっては、北米の金融機関にブリーフィングを実施するとともに、ホールセール・バンキング分野の大手グローバル・ベンダー16社に対して、AI活用に関する取り組みと金融機関に対する需要認識を調査した。

本インパクトレポートは7つの図と3つの表を含みます(全34ページ)。アイテ・グループのWholesale Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAbe.ai, Accenture, Accion Chicago, ACI, Amazon, Apache, Apple, AWS, BAE Systems, Basware, Bill.com, BillTrust, Bottomline, Brex, C3.ai, CBA AS, Citi Treasury and Trade Solutions, Citigroup, Facebook, Feedzai, Fico, Finastra, Finn.AI, First Federal Bank of Kansas City, First National Bank of Omaha, FIS, Fiserv, Genpact, GitHub, Google, Hortonworks, HSBC, IBM, iGTB, Infosys EdgeVerve, Intellect Design Arena, JPMorgan Chase, Kasisto, MineralTree, NextIT, Nice Actimize, OCBC Bank, OpenWay Way4, Oracle, Payments Canada, Pelican, Regions Bank, Risk Ident, SAP, SAS, SEB, SWIFT, Temenos, ThetaRay, ThreatMetrixおよびUpstartに言及している。