You are here

(日本語)Germany’s Untapped Wealth and Private Banking Market Potential

(日本語)Germany’s Untapped Wealth and Private Banking Market Potential

ドイツ国内のウェルス・マネジメント/プライベート・バンキング・ビジネスは「創成期」であり、大きく成長する可能性も大きいことから、関心を集めている。

London, 7 August 2019 – ドイツ国内のウェルス・マネジメント・ビジネスはまだ「創成期」であり、商品面/サービス面は限定され、年金との結びつきも強い。ファミリー・オフィスなど、本格的なHNW/UHNW向けビジネスが始まったのもここ10-20年であり、ドイツは、史上初めて「真の意味での世代間の富の移転」を経験しはじめたとも言える。このビジネス環境は、プライベート・バンクやウェルス・マネージャーにとって大きな「追い風」である可能性もあるが、金融機関は充分に留意して取り組まなければならない。

本レポートでは、ドイツのウェルス・マネジメント市場の現状を掘り下げ、今後の見通しと課題を明らかにする。執筆にあたっては、2019年3月から6月にかけて、ウェルス・マネジメント事業者及びベンダーに対する15回のインタビューを実施し、合わせてWebサイトなど公知の情報も参照した。

本インパクトレポートは8つの図と13の表を含みます(全46ページ)。アイテ・グループのWealth Managementセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAberdeen Standard Investments, ABN Amro, Aixigo, Allianz Global Investors, Ampega Asset Management, Amundi Asset Management, Avaloq, Bankhaus Lampe, Banque Pictet, Berenberg Bank, Bethmann Bank AG, BNP Paribas, Citi Private Bank, Columbia Threadneedle, Commerzbank AG, CQ Investment Group, Crealogix, Credit Suisse, Deka Investment GmbH, DekaBank, Deutsche Bank, Deutsche Bundesbank, Deutsche Oppenheim Family Office, Donner & Reuschel, DZ Bank AG, DZ Privatbank, Edmond de Rothschild, Elinvar, Ellwanger, ERI Bancaire, FactSet, Fidelity International, Fidor Bank, Figo, Fincite, Finleap, Franklin Templeton, Fuerstlich Castell’sche Bank, Geiger KG, Goldman Sachs, Hauck and Aufhäuser, HSBC, HypoVereinsbank, JP Morgan, Julius Baer, Landesbank Baden-Württemberg (LBBW), Legg Mason, Liqid, M.M. Warburg, Merck Finck and Co., Metzler Bank, MM Warburg, Moneyfarm, N26, Objectway, ODDO BHF, Quirin Privatbank AG, Raisin, Rothschild Private Wealth, Scalable Capital, SEB AG, Segura & Jesberger, Societe Generale Private Banking, Spudy Family Office, Stonehage Fleming, swissQuant, Temenos, Traxpay, UBS, Unblu, Unicredit, Vaamo, Vanguard, Volks- und RaiffeisenbankenおよびWisdomTreeに言及している。