You are here

(日本語)Right Channel, Right Time, Right Message: Bringing Digital to Debt Collection

(日本語)Right Channel, Right Time, Right Message: Bringing Digital to Debt Collection

金融機関は、分析技術とスコアカードを活用することで、延滞債権回収部門に対して的確な判断のための情報提供が可能になった 

Boston, July 2, 2019 – 金融機関は、消費者向け融資ビジネスのマーケティング効率化、また、ローン申し込みから貸出しまでのプロセスをスムーズに行うために、分析技術に関する膨大な投資を行っている。消費者がこのような顧客中心のアプローチに慣れ親しんできた現在、金融機関は、債券回収にも同様な手法を適用し、顧客との良いリレーションシップ維持しつつ延滞債券の回収を高める必要がある。

本レポートでは、先進的な金融機関が延滞債権回収プロセスに導入しようとしている分析手法を解説するとともに、大手金融機関/信用組合/ノンバンクの取り組み状況を報告する。執筆にあたっては、金融機関のリテール・レンディング部門の責任者22名に対して2018年秋にアンケート調査を実施し、更に延滞債権回収担当および不良債権管理担当エグゼクティブ10人に対し、2019年1月から2月にインタビューを実施した。

本インパクトレポートは13の図と3つの表を含みます(全31ページ)。アイテ・グループのRetail Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはCGI, ExperianおよびFICOに言及している。