You are here

(日本語)U.S. Consumer Survey: A Connected-Devices Insurance Roadmap

(日本語)U.S. Consumer Survey: A Connected-Devices Insurance Roadmap

PCやスマホを利用している消費者の半数以上が、リワードと引換えに保険会社にデータ提供することに関心がある

Boston, May 29, 2019 –インターネットに接続されたPCやスマートフォンの増加は、マシン・リーダブルな個人情報が急増していることでもある。保険会社は、顧客との関わり方や既存顧客の維持率を高めるための新たな方法を模索しているが、これらの機器や生成されるデータは宝の山と言えよう。ただ、保険会社は、消費者からデータ共有の許諾を得るために影響を及ぼすことができるだろうか。

 本レポートは、米国消費者が所有するインターネット接続機器に関する基礎データと、消費者がリワードと引き換えに保険会社にデータ提供する意思があるかどうかの認識をまとめた。執筆にあたっては、2019年第1四半期に米国消費者766人に対して接続機器とテクノロジーに関する意識調査を実施した。当レポートは、顧客との関係強化を志向する保険会社の関心に合致すると考える。

本インパクトレポートは41の図と3つの表を含みます(全46ページ)。アイテ・グループのHealth Insurance、Life Insurance、もしくはP&C Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAmazon, American Express, Apple, Comerica Bank, Fitbit, Green Dot, Google, Mastercard, MetaBank, Netspend/TSYS, Nest, Ring, The Bancorp Bank, VisaおよびWalmartに言及している。