You are here

(日本語)U.S. Life Insurance Rewards and Incentives Programs: It’s Game Time!

(日本語)U.S. Life Insurance Rewards and Incentives Programs: It’s Game Time!

消費者は、保険契約の申し込み時やリワード・プログラムの参加のためには、自身の個人データを共有してもよいと考えている。

Boston, July 11, 2019 –テクノロジーの活用はすべての年齢層で一般化し、個人データ共有に関する消費者の懸念も薄まりつつある。生命保険の顧客の場合も、(ポイント/キャッシュバックがもらえる)インセンティブ・プログラムを好み、健康増進に役立つコネクテッド・デバイス(スマホなど)を所有しており、メリットが得られるのならば、生命保険会社との間で個人データを共有することへの抵抗感が減少している。生命保険会社にとっては、インセンティブを付与することで顧客のロイヤルティを高めたり、シェアを拡大しつつデータを獲得できる時代が到来したようだ。

本レポートでは、生命保険顧客におけるコネクテッド・デバイスの所有・使用状況に関する詳細データと、データ共有に関する意識の現状をまとめた。執筆にあたっては、2019年第1四半期にインターネット接続機器とテクノロジーに関して、米国消費者766名に対しするオンライン調査を実施した。

本インパクトレポートは54の図と5つの表を含みます(全62ページ)。アイテ・グループのLife Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAmazon, Android, Apple, Beautyrest, Bluetooth, Contour Next, Dario, DiamondClean, Fitbit, Fitindex, Google, Ideal For Me, iHeart, Jawbone, Kolibree, MyFitnessPal, MyFoodDiary, Next, Nokia, OnStar, Oral-B, Polar, Phillips, QardioArm, Renpho, Ring, RunKeeper, Rhythm, Scosche, Snap, Tacx, Weight Watchers, Welch AllynおよびWithingsに言及している。