You are here

(日本語)XVA Vendor Solutions: The Golden Age

(日本語)XVA Vendor Solutions: The Golden Age

XVA導入を検討している金融機関は、サードパーティー・ソリューションに目を向けている

Boston, April 24, 2019 –金融危機以降、OTCデリバティブの価格決定に際には、XVAと呼ばれる評価調整の活用が一般化してきた。これまでは、XVAの活用は大手銀行に限られており、各行がそれぞれXVA評価の仕組みを構築していたが、準大手以下への普及が始まったことで変化が生じている。規制は複雑だが、デリバティブ取引の際に的確な価格を提示したいとの要望からXVA利用が拡大しており、広範囲な普及期に入ったように思える。

本レポートでは、XVAの普及を踏まえ、リスク・ベンダー各社が提供しているソリューションとその機能に焦点を当てるとともに、市場動向や当業界が直面する課題を掘り下げる。本稿の執筆にあたっては、2018年8月から2019年3月にかけてサードパーティXVAソリューション・ベンダー10社(Bloomberg, Calypso Technology, Finastra, FIS, IBM, IHS Markit, Murex, Numerix, QuantifiおよびTriOptima)、及び、準大手銀行15行に対するインタビューを実施した。

 本インパクトレポートは16の図と10の表を含みます(全63ページ)。アイテ・グループのInstitutional Securities&Investmentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents