You are here

(証券&投資)Managed Trading Services: Thriving in a Commoditized Marketplace

(証券&投資)Managed Trading Services: Thriving in a Commoditized Marketplace

限られた予算の中でトレーディング機能を維持/向上させるため、金融機関はアウトソース・サービスの利用をより真剣に検討しはじめた

Boston, April 4, 2014 – 金融市場におけるトレーディング活動では、さらなる高速化が進んでいる。ただ、市場環境全体は、良く言っても「停滞」であり、市場参加者は、外部から様々な制約を受けながら厳しい競争を戦っている。

証券トレーディング市場の高速化が進む中、従来型の資産運用会社、中堅証券会社、ヘッジファンドでさえもが、競争力を保つために一桁ミリ秒のトレーディングを可能にするインフラの採用を検討しはじめた。

これら金融機関は、どうすれば経営をゆるがすことなく、また中核ビジネスから大きく逸脱することなく、強力なトレーディング・インフラを導入/維持管理することができるだろうか?マネッジド・トレーディングと呼ばれるアウトソーシング・サービスの活用が、多くにとって理想的なソリューションとなる可能性が高い。

マネッジド・トレーディング・ソリューション向けのグローバル支出傾向 2010年~2016年)

(単位:100万米ドル)                                                                         出所:アイテ・グループ

本稿では、マネッジド・トレーディング・サービスの主要プロバイダー、及びバイサイド/セルサイドの幹部を対象にアイテ・グループが実施したインタビューをベースに、マネッジド・トレーディング・サービスの未来を形成する業界トレンドを分析するとともに、サービス活用に関する課題や機会に対する洞察を提供する。

さらに、マネッジド・トレーディング・サービス向けアウトソーシングの重要構成部分を特定し、トレーディング・インフラのサポートに関する顧客ニーズを分析する。

 

証券&投資のセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。