You are here

(証券&投資) Liquid Alternative Investments: A Passing Fancy, or the Real McCoy?

(証券&投資) Liquid Alternative Investments: A Passing Fancy, or the Real McCoy?

リキッド・オルタナティブの高成長は維持できるのか

Boston, November 20, 2014 – 2008年のグローバル金融危機が米国投資家にとっての重要な転換点となり、アセット・アロケーションへの新しいアプローチが必要になった。それ以来、取引所に上場され、一般投資家が頻繁に取り引きする投資信託または上場取引型金融商品(ETP)といった流動性の高い商品の形態をとるオルタナティブ(代替投資)戦略である、リキッド・オルタナティブ投資が急成長している。しかし、この商品の実態が必ずしも明瞭ではないため、より広範な採用が阻まれている。リキッド・オルタナティブの急成長は長期的に維持できるものなのだろうか、それとも一時的な熱狂にすぎないのだろうか?

オルタナティブ投資戦略とその形態(vehicle)

出所:アイテ・グループ

2部構成レポートの第1部となる本稿では、アイテ・グループが市場の専門家を対象に実施したインタビューならびに公開されているマーケットデータと情報をベースに、米国でのオルタナティブ投資信託とオルタナティブ上場取引型金融商品(ETP)の成長における重要トレンドを検証する。

 

証券&投資のセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051


Download table of contents