You are here

(証券&投資)Currency Risk: Hedge It, or a Source of Alpha?

(証券&投資)Currency Risk: Hedge It, or a Source of Alpha?

機関投資家による為替ヘッジの状況

Boston, July 8, 2015 – 米ドルの上昇が、年金ファンドや投信ならびにその資産運用者に、為替リスク・ヘッジの必要性とポートフォリオ・リターンへの影響の評価を強いている。

外国為替(FX)を独立したアセットクラスならびにアルファの源泉として認識するバイサイド金融機関が増加しており、これらのバイサイド金融機関はFXエクスポージャーを日常的にまたアクティブにヘッジしている。しかし、機関投資家幹部の中には依然として為替リスクを単なる不必要なリスクと認識している向きもある。資産運用業界は、どうすればFXエクスポージャーを効果的に管理することができるのだろうか?

Q:FXを、株式や債券のように個別のアセットクラスとしてアクティブに運用するべきと考えますか?

出所:アイテ・グループ

本稿は、為替リスク管理に対するバイサイド金融機関の見方を反映するために2015年3月~4月に実施したオンライン・アンケートの結果をベースにしている。アンケートの対象となったのは、北米と欧州のファンド運用機関のシニア幹部である。

 

証券&投資のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents