You are here

(証券&投資)Unbundling Investment Research: Bite the Bullet

(証券&投資)Unbundling Investment Research: Bite the Bullet

コミッション・アンバンドリングのグローバルな影響

Boston, October 21, 2015 – リサーチ(ならびに関連サービス)を売買執行フローとバンドルすることは1970年代から続いてきた慣行である。しかし、現在の欧州ではリサーチ(と関連サービス)の購入と売買執行フローの分離(コミッション・アンバンドリング)を求める金融商品市場指令改正案(MiFID II)の議論が進められている。コミッションのアンバンドリングが決定されれば、多くの金融機関がグローバルにビジネスを展開していること、国際規制機関が同様のアプローチを採用する可能性があることを背景に、グローバル規模で証券会社、投資会社、独立系リサーチ・プロバイダー(IRP)に影響を及ぼすことになる。

本稿では、EUにおける直近のコミッション・アンバンドリングの動きにフォーカスし、主要市場参加者に対する影響を検証した。本稿は、2015年にグローバル資産運用会社、ローカル資産運用会社、証券会社、独立系リサーチ・プロバイダー(IRP)を対象にMiFID IIに対するそれぞれの見方を探るために実施したディスカッションをベースにしている。

 

証券&投資のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents