You are here

(日本語)2019 U.S. P&C Core Systems Evaluation: Moving Beyond the Basics

(日本語)2019 U.S. P&C Core Systems Evaluation: Moving Beyond the Basics

損害保険分野のコアシステム市場は、保険会社のシステム・ニーズの高まりを受け、堅調に推移している。

Boston, December 3, 2019 –損害保険会社にとって、引受けと保険数理は重要なノウハウだが、コアシステム・プラットフォームがなければ保険会社の事業運営は非常に煩瑣となる。つまり、中核業務を満足に遂行できるプラットフォームは保険会社にとって必要不可欠だと言えよう。本レポートでは、損害保険会社向けコアシステム市場における主要動向を調査し、新しい市場のニーズと課題に応えるべく、テクノロジーがどのように進歩しているかを解説する。

本稿では、アイテ・グループが開発したベンダー評価フレームワーク”Aite Matrix”を活用し、ベンダー16社(Beyontec、BriteCore、Decision Research Corporation、DXC Technology、EIS、Guidewire(Insurance Now、PolicyCenter)、Instanda、Insuresoft、Insurity、Majesco、OneShield、SAP、Sapiens、Socotra、SpeedBuilder Systems)の競争力を評価判定した。重点評価項目は、ベンダーの安定性、ユーザー基盤、製品機能およびクライアント・サービスである。

本インパクトレポートには、図19点と表56点が含まれます(全94ページ)。アイテ・グループのP&C Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはActiver Solutions, AdvantageGo, AGO, CHSI Technologies, CodeObjects, Delphi Technology, Duck Creek, eBaoTech, Ebix, Epic-Premier, Finys, FIS, Instec, Insurance Systems Incorporated, Janus Technologies, Maple Technologies, MFX Services, NTT Data, Origami Risk, PA Solutions, PCMS, Silvervine Software, Solartis, Sunlight SolutionsおよびVentiv Technologyに言及している。