You are here

(日本語)Buy-Side Adoption of Electronic Trading in U.S. Treasury Securities

(日本語)Buy-Side Adoption of Electronic Trading in U.S. Treasury Securities

2018年末時点では、米国債の58%が電子的に取引されている。

Boston, October 17, 2019 – 米国財務省証券(以下米国債)市場は、世界で最も流動性が高い債券市場であるが、取引の電子化は58%にとどまっており、株式など他のアセットクラスに大きく遅れをとっている。ディーラー間取引は、現時点でほとんど電子化されているが、バイサイドとの取引が遅れている。今後、取引の電子化が避けられないならば、バイサイド企業とディーラーの双方が、電話から電子化へ移行する道筋を理解する必要がある。

本レポートでは、バイサイドによる米国債取引の電子化進展の度合いを計測した。執筆にあたっては、2019年5月から2019年7月にかけて、バイサイド28社を対象に、オンライン調査を実施した("TRADE"誌との共同調査)。

本インパクトレポートは、図25点と表1点を含みます(全29ページ)。アイテ・グループのInstitutional Securities & Investmentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

 本レポートはBloomberg, BrokerTec, CME, Fenics UST, LiquidityEdge, MarketAxess, OpenDoorおよびTradewebに言及している。