You are here

(日本語)California Consumer Privacy Act: Is Your Financial Institution Prepared?

(日本語)California Consumer Privacy Act: Is Your Financial Institution Prepared?

「カリフォルニア消費者プライバシー法」(CCPA)は、金融機関のデータ管理に関する考え方や顧客情報の利用/共有方法を変革するだろう。

Boston, December 19, 2019 – テクノロジーの進展により、個人情報のビジネス利用がグローバル規模で急増しているが、それと同時に大規模な情報漏洩事件も多発している。個人は民間企業の個人データ保護に関して疑念を抱き始めており、透明性の確保/説明責任/厳格な統制/権利の保護などを求める声は日増しに強まっている。2020年1月1日、米国では、これまでで最も包括的なデータ・プライバシー法である「カリフォルニア消費者プライバシー法」(CCPA)が施行され、重要なマイルストーンとなった。

本レポートでは、CCPAの概要を解説し、金融機関に及ぼす影響を分析、更に、金融機関がデータ管理慣行を再考/改善し、CCPA準拠のために取るべき方策をまとめた。執筆にあたっては、CCPAに関する公開資料を活用している。

本インパクトレポートには、表2点が含まれます(全23ページ)。アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents