You are here

(日本語)Commercial Loan Origination: Sharpening the Tip of the Spear

(日本語)Commercial Loan Origination: Sharpening the Tip of the Spear

ビジネス・ローン組成(CLO)を手作業で行っている金融機関は、自動化済みの銀行との競争で、非常に不利な立場に置かれるだろう。

Boston, November 27, 2019 – 法人ニーズが高いビジネス・ローンは、金融機関にとっては新規顧客開拓の「先兵」であり、一旦顧客との取引が始まれば、より利益率の高いサービスをクロスセルするチャンスも得られる。ただ、その前にビジネス・ローンの契約(CLO:Commercial Loan Origination)を締結しなければならない。そして、もしローン手続きの自動化がまだ行われていない場合、CLOは非常に煩雑な手作業となり、銀行にとって高コストなだけでなく、顧客に不快な思いをさせかねない。

本レポートでは、Commercial Loan Origination(CLO)分野における新たな市場ニーズと課題に対し、テクノロジーがどのような対応を進めているか、その動向を調査した。執筆にあたっては、CLOシステム・ユーザー企業との対話やCLOベンダーの説明会/デモ等で得た情報を活用した。

本インパクトレポートには、図4点と表8点が含まれます(全20ページ)。アイテ・グループのWholesale Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAbrigo, Axe Finance, Baker Hill, Finastra, FIS, Global Wave, Intellect Design Arena, Jack Henry & Associates, Kuliza, Linedata, Moody's Analytics, nCino, Newgen Software, Nucleus Software, OracleおよびQ2に言及している。