You are here

(日本語)ESG: Finding Its Way Into the Hearts and Minds of Financial Advisors

(日本語)ESG: Finding Its Way Into the Hearts and Minds of Financial Advisors

投資業界全体がESG投資に舵を切っており、関心が高まっている。 

Boston, November 7, 2019 –  ウェルス・マネジメント分野におけるESG投資への関心は、業界調査や統計的予測では前向きな結果が出ているものの、第一線で顧客と対応するフィナンシャル・アドバイザーの間では、関心が高いとは言いがたい。それにもかかわらず、ウェルス・マネジメント企業は、ESGに照準を合わせてビジネス・モデルやテクノロジー・プラットフォームを修正しており、アドバイザーに対して、「次世代のフィナンシャル・アドバイザーや顧客は、自分の信念に従ってESGと係わり、投資したいと考えている」とのメッセージを送っている。

本レポートは、進展が著しいESG投資におけるデータ活用や投資に対する意思決定のあり方、インパクト投資が注目している分野、運用リターンの期待値、その他の課題/トレンド/ビジネスチャンス等をまとめた。執筆にあたっては、米国所在の下記11社の経営者とのインタビューを実施した。

Calvert Research and Management、Calvert Impact Capital、CNote、first Affirmative financial Network、Gitterman Wealth Management、Incapital、Matthews Asia、MCE Social Capital、Morgan Stanley、Parnassus Investments、Social finance。

本インパクトレポートには、図9点と表4点が含まれます(全45ページ)。アイテ・グループのWealth Managementセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAmazon, Bank of America, Burberry Group, Charles Schwab, Community Capital Management, Credit Agricole, E-Trade, Eaton Vance, Envestnet, Expedia, Fidelity, Folio Financial, International Finance Corporation, JP Morgan, Mastercard, Netflix, Round Table Wealth Management, San Francisco Foundation, Sierra Club Foundation, TD Ameritrade, Tesla, The World Bank, Under Armour, United Nations, US SIFおよび Vanguardに言及している。