You are here

(日本語)Top 10 Trends in Cybersecurity, 2020: More Ransomware, Evolving Strategies, and New Tools

(日本語)Top 10 Trends in Cybersecurity, 2020: More Ransomware, Evolving Strategies, and New Tools

サイバー攻撃の進化とともにサイバー・セキュリティ対策も前進を続けており、企業は常に新たなサイバー防御方策を取り入れる必要がある。

Boston, January 9, 2020 – サイバー攻撃の動向が、2020年における企業のサイバー・セキュリティ戦略と投資の方向を定めることになるだろう。企業は、その規模にかかわらずランサムウエア攻撃を受けると考えられ、ランサムウエア防衛の視点からシステム/データの防衛策を再考し、更に万一被災した場合に備え、迅速にリカバリーできるソリューションを導入しておく必要がある。また、本年は、セキュリティ・コントロールの面からも脱皮が必要な年となるだろう。旧態化したシグネチャー・ベースの検知システムから機械学習を組み込んだソリューションへの移行が不可欠となる。他方、サイバー・セキュリティ分野の専門家不足は深刻さを増し、CISO(最高情報セキュリティ責任者)は、人材確保に抜本的な再考を求められるだろう。

  1. 犯罪者の手軽な収益手段としてランサムウェア攻撃が増大する
  2. CISOはサイバー・セキュリティ人材の確保に抜本的な再考を求められる
  3. APIに対するセキュリティ・ソリューション導入が求められる
  4. クラウドの設定ミスによる機密データの露出はなくならない
  5. SIEMソリューションとSOARを使った自動応答プラットフォームの一体化が始まる
  6. データ・プライバシー規制とコンプライアンス要件により複雑さが増大する
  7. 自社のセキュリティ体制を、BAS(侵害/攻撃シミュレーション)ソリューションを使って検証することが一般化する
  8. Microsoftがセキュリティ・ソリューションを大幅に強化する
  9. SIEMソリューションに疑問を持つCISOは、セキュリティ・アナリティクス・プラットフォームへの切替えを検討する
  10. ソフトウエア仮想化技術(SDN、SD-WAN、SDP)の成熟に伴い、ネットワークのセグメンテーションが簡単に行えるようになる

 

アイテ・グループのCybersecurityセグメントをご契約のお客様は、このインパクトレポート(全18ページ)をダウンロードいただけます。

本レポートは42Crunch, Acronis, Amazon, Aqua, Arcadia Data, Arcserve, AttackIQ, BigID, BlackBerry Cylance, Check Point, CloudCheckr, Cloudflare, Commvault, Cronus, CrowdStrike, Cyberbit, Cybereason, Cybersponse, CyCognito, Cymulate, Dell EMC, Devo, DFLabs, Druva, FireEye, Forum Systems, Google, Guardicore, IBM, Illumio, Illusive Networks, Malwarebytes, Microsoft, Morphisec, OneTrust, Palo Alto Networks, Picus Security, Pridatect, Pulse Secure, SafeBreach, Salt Security, SAS Cybersecurity, Securonix, SentinalOne, Siemplify, Splunk, Swimlane, ThreatConnect, TrustArc, Unisys, WhiteHaXおよびXM Cyberに言及している。