You are here

(日本語)Top 10 Trends in Fraud & AML, 2020: Faster, Higher, Stronger

(日本語)Top 10 Trends in Fraud & AML, 2020: Faster, Higher, Stronger

金融機関は、エスカレートする不正行為に対し、スピーディーかつ強力なソリューションで防衛しなければならない。

Boston, January 9, 2020 – マネー・ロンダリングや不正攻撃にさらされている金融機関や小売事業者は、最新の防衛技術を即座に導入する必要があるが、社内のコンセンサスや手続きの遅れから迅速な対応ができない場合も少なくない。ただ、各社は、世界的不況が到来したとしても、投資を続けるなければならない。急速に巧妙化する金融犯罪の脅威に対し、金融業界は、スピーディーかつ強力なソリューションを迅速に導入することで対抗しなければならない。

  1. 金融犯罪対策に対する企業内/企業間コラボレーションが加速する
  2. 金融機関における内部犯罪が再び増加する
  3. 顧客を巻き込んだセルフ・サービス・セキュリティ対策が差別化施策にもなりうる
  4. マネー・ミュール(現金引出し役)排除に向けた活動が本格化する
  5. 規制当局でも、不正対応イノベーションのスピードアップが最優先事項となる
  6. ファースト・ペイメント導入によりリスクが増大する
  7. 金融機関のコンタクト・センターにおける不正防止対策が強化される
  8. 規制当局は、ビジネスメール詐欺(BEC)や消費者プッシュペイメント(APP)に対する注目を高める
  9. 国家間の制裁処置に準拠するための対策が必要となる
  10. 欧州は、強力な顧客認証(SCA, Strong Customer Authentication)導入に向け歩みを進める

アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様はこのインパクトレポート(全18ページ)をダウンロードいただけます。