You are here

(日本語)Trends in Institutional Client Reporting: Delayed Transformation

(日本語)Trends in Institutional Client Reporting: Delayed Transformation

顧客向けレポート作成の分野でも、ホスティングやクラウド・ベースのサービスが一般化しつつある。

London, 5 November 2019 – ここ数年、投資運用会社が顧客に提出する運用報告レポートの分野でも、トランスフォーメーションの機が熟してきたようだ。変化のきっかけは、従来のレポートに付加価値を与える分析ツールが登場したことにある。これらのツールを活用すれば、機関投資家とのリレーションに新たな切り口を提供でき、カスタマー・エクスペリエンスの向上とレポート作成の効率化が期待できる。ただ、多くの企業がいまだに旧来のテクノロジーを利用し、これまでの手法を踏襲している。

本レポートでは、クライアント向けレポート作成に関する新たな運用モデルを提示し、それを採用するにあたっての経済的なメリットと課題(データ運用モデル、業界の成熟度、レポート作成機能の現状と今後の発展の方向性など)を掘り下げる。執筆にあたっては、2019年6月から同年9月にかけて欧州、北米およびアジア太平洋地域のバイサイド企業22社を対象にインタビューを実施した。

本インパクトレポートには、図19点と表1点が含まれます(全42ページ)。アイテ・グループのInstitutional Securities & Investmentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAssette, Backstop Solutions, BNY Mellon Pershing, Dynamo Software, Edge Folio, FactSet, IHS Markit, Investcloud, Jump Technology, Kurtosys, NeoXam, Opus Nebula, Seismic, SimCorp, SS&CおよびStatuit Technologiesに言及している。