You are here

(日本語)Trends in the Treasury Management Systems Market

(日本語)Trends in the Treasury Management Systems Market

中堅TMSベンダーは、新しいテクノロジーを積極的に導入して競争力を高め、大手ベンダーに対抗できるゲームチェンジャーを目指している。

London, 31 October 2019 – トレジャリー・マネジメント・システム(TMS)の分野は、既存大手ベンダーの力が強く安定した市場である。大手ベンダー各社は、事業規模や既存顧客基盤、資金力などを武器に、潤沢なIT予算のある大規模な多国籍企業と継続的な取引を維持している。 一方、会計システムの単なる更新を望んでいる中規模以下の企業では、予算枠は少なく、過剰な機能をもったソリューションを必要としておらず、むしろ、中堅/Tier2 TMSベンダーに注目している。中堅ベンダー各社は、製品機能の強化と新技術の採用、更にグローバル市場でのプレゼンスを高めることで中規模ユーザーの信頼獲得を狙っており、“ゲームチェンジャー”になりつつある。

本レポートでは、ゲームチェンジャー各社が新技術を積極的に採用し、顧客のビジネスに、良い意味での「破壊」をもたらす可能性を分析した。執筆にあたっては、2018年に実施したグローバルTMSベンダー8社のインタビュー結果と、2019年に実施した欧州TMSベンダー9社の分析結果を活用し、中堅TMSベンダーが、イノベーションと顧客サービスの活用し、どのようにビジネスを推進しようと考えているのかを検証する。

本インパクトレポートには、図15点と表1点が含まれます(全22ページ)。アイテ・グループのWholesale Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。.

Download table of contents