Arkose Labs Case Studies: Stopping Fraud by Making Attacks Too Expensive

Report Summary

Arkose Labs Case Studies: Stopping Fraud by Making Attacks Too Expensive

消費者のオンライン利用が広まるにつれ、個人情報を悪用したサイバー攻撃も急激に増加している。

David Mattei
Senior Analyst

Boston, May 5, 2021 – 大手企業のWebサイトなどで個人情報の漏洩事件が頻発した結果、サイバー犯罪者にとっては、いつでも多量の個人データ(ユーザー名やパスワードなど)を手に入れられる環境になった。犯罪者たちは、サイバー攻撃も手作業では非効率だと考え、ボットを活用して「攻撃の自動化」を進めている。このような状況に対し、本ケース・スタディでは、Arkose Labsが提供するソリューションを導入した3社が、いかにして自社と顧客を防衛しているかを解説する。

アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート(全11ページ)をダウンロードいただけます。本レポートに掲載されたトピックの詳細につきましては、[email protected]までお問い合わせください。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates