The Buy-Side Perspective of Algorithmic Trading, 2020: Amid the Chaos

Report Summary

The Buy-Side Perspective of Algorithmic Trading, 2020: Amid the Chaos

 バイサイド企業は、トレーディング・アルゴを利用する際、パフォーマンス、安定性、使い勝手に注目している。

Audrey Blater
Senior Analyst
Matt Simon
Senior Analyst

Boston, July 23, 2020 – 電子取引用アルゴリズムは進化を続けており、2020年においては、多数の洗練されたサービスが存在している。アルゴ戦略のプロバイダーは、汎用的なプロダクトを提供するとともに、新しいマーケット・ストラクチャーや多様なアセット・クラスに対応できる新しいアルゴリズムの開発を続けており、アルゴ活用拡大の可能性を示していると言えよう。

本レポートでは、アルゴリズム・トレーディングに関する主要市場動向/アルゴ・プロバイダーの選択基準/アルゴ関連サービスに対する顧客の満足度など、最新状況をまとめた。執筆にあたっては、The TRADEが2020 Algorithmic Trading Surveyの一環として収集した情報を活用し、前年度調査との比較や今後注目される要件に注目し、アルゴリズムを活用した電子トレーディング・ビジネスの変化を解説している。

本インパクトレポートには図24点と表5点が含まれます(全34ページ)。本レポート全文はアイテ・グループのリサーチサービスではなく、パートナーリサーチ・イニシアチブの一部として、ご購入者様のみにお届けしています。本レポートの購入につきましては、ssuzuki@aitegroup.comまでお問い合わせください。.

Download table of contents

本レポートはBank of America, Barclays, Bernstein Trading, BNP Paribas, Credit Suisse, Citi, Exane, Goldman Sachs, Instinet, Jefferies, J.P. Morgan, Kepler Cheuvreux, Liquidnet, RBC Capital Markets, Redburn, Societe Generale, UBSおよびVirtuに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates