Collections Insights, 2020: A Window Into the Third-Party Collections Industry

Report Summary

Collections Insights, 2020: A Window Into the Third-Party Collections Industry

債権回収代行業者の半数以上が、5年前と比べ消費者との連絡が難しくなったと感じている。 

Leslie Parrish
Senior Analyst

Boston, January 28, 2020 – 米国消費者金融保護局(CFPB)は、債権回収代行業に対する規制の近代化を進めている。この業界は様々な課題を抱えており、例えば、債務者である消費者が固定電話を解約し携帯電話も着信拒否とするケースが増え、結果、債務者と連絡をとることがこれまで以上に難しくなっている。加えて、これら代行業者は、規制遵守/機密データの保護/経験者の引きとめ策などに多額の出費を強いられている。この業界は、新しいテクノロジーやイノベーションを活用することで、自らを変革できるだろうか。

本レポートは、債権回収代行業者が直面している課題と、各社が将来に向けどのような分野に投資しているかを概観した。執筆にあたっては、TransUnion社の支援のもと、2019年5月から6月にかけ業界各社にアンケート調査を実施したほか、債権回収代行業界を代表するとされる識者14にインタビューを行った。

本インパクトレポートには図31点と表4点が含まれます(全40ページ)。アイテ・グループのRetail Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates