A Digital FNOL Market Overview: First Impressions Last

Report Summary

A Digital FNOL Market Overview: First Impressions Last

顧客が、デジタル環境を使って初めて保険金を申請する際(FNOL:First Notice Of Loss)のカスタマー・エクスペリエンスは非常に重要である。直感的でわかりやすいだけでなく、ダイナミック・ワークフローやオムニチャネルにも対応している必要がある。

Stuart Rose
Senior Analyst

Boston, July 8, 2021 –保険会社にとって、顧客が被害に遭遇し保険金を請求する際の対応が、顧客との長期に渡る信頼関係を築けるかどうかを大きく左右する。特に、顧客がデジタル環境を使って初めて保険金を申請する際(FNOL:First Notice Of Loss)、その使い勝手がその後のリレーションが決定的なものにする。

デジタルFNOL下において、顧客は複数のチャネルから保険金を請求できるようになるが、オムニ・チャネルに対応すればユーザー・エクスペリエンスが良くなるという単純な話ではない。デジタル技術を活用し、顧客から被害/損失に関する情報を送付してもらうプロセスを改善することが最も重要なポイントである。

本レポートでは、顧客が保険金を請求する際の手続きと仕組み(複数のデジタル・チャネルを利用できるか/処理プロセスに利用されているテクノロジー/クレーム手続きの流れ等)の現状をまとめた。執筆にあたっては、2021年4-5月に、欧米の損害保険会社、ソリューション・ベンダー、保険業界におけるクレーム処理/クレーム・トランスフォーメーションの専門家などに対し、41回のインタビューを実施した。

本レポートには図3点と表5点が含まれます(全39ページ)。アイテ・グループのProperty & Casualty Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAssured, Capgemini, Claims Genius, Duck Creek Technologies, EasySend, Flyreel, Guidewire, Insurity, Majesco, Metromile, Omni:us, RightIndem, Sapiens, Snapsheet, Tractable, UshurおよびWorld Programmingに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates