Digital Transformation at Small Institutions: A Case Study

Report Summary

Digital Transformation at Small Institutions: A Case Study

中小金融機関をターゲットとするテクノロジー・ベンダーは、デジタル・トランスフォーメーションに関する契約戦略を見直すべきだろう。

Rodney Nelsestuen
Senior Analyst

Boston, November 12, 2020 – 中小金融機関(以下SMFI)は、テクノロジー・ニーズに対するベンダー依存度が高い。様々なサービスに対する多数の選択肢が提供されていることから、一見これは良いことのようだが、現実には、プラットフォーム・ベンダーへの依存度が高く、企業戦略がそのベンダーの提供するソリューションの範囲に限定されてしまうケースも多い。

本ケース・スタディでは、小規模であるがゆえに、自由度がない契約にしばられてきた金融機関が、自社の主張を反映させた契約を締結したプロセスをご紹介する。該当事例は、2015年の契約交渉開始から2019年に8年契約の締結に至る、交渉の全行程をカバーした。この契約には、複数システムのアップグレードが含まれており、一部は既に実施されている。

アイテ・グループのWealth Management, Wholesale Banking & Payments, Retail Banking & Payments, Health Insurance, Life InsuranceあるいはP&C Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本インパクト・ブリーフ(全11ページ)をダウンロードいただけます。本インパクト・ブリーフに掲載されたトピックの詳細につきましては、info@aitegroup.comまでお問い合わせください。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates