You are here

Employee Fraud: Anticipate a Resurgence

Employee Fraud: Anticipate a Resurgence

金融機関の39%が、従業員の不正行為を防止するため新たなソリューションに投資する予定である。

Boston, January 16, 2020 – 従業員による不正は、金融機関が不正防止ソリューションの導入を検討する際、懸念事項としての優先順位は高くない。ただ、昨今、景気後退の兆しがあり、これまでの経験から、景気が悪化すると従業員による不正は必ず増加する。金融機関は、従業員不正の急増にあらかじめ対処しておくことが可能だろうか。

本レポートでは、従業員不正が増加に転じることを前提に、金融業界のポリシーや手続き、従業員を監視するメカニズム、従業員不正による損失の傾向、IT投資に関する計画など、従業員不正問題に焦点を当てた。執筆にあたっては、米国の金融機関23社を対象に2019年9月から10月にかけオンライン調査を実施した。

本インパクトレポートには図29点と表2点が含まれます(全34ページ)。アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはBAE Systems, FIS, Fiserv, Global Vision Systems, Intellinx, LexisNexis Risk Solutions, Nice Actimize, Oversight Systems, SAS, SplunkおよびVerafinに言及している。