Facteus: Changing the Game With Synthetic Data

Report Summary

Facteus: Changing the Game With Synthetic Data

Facteus社のデータ加工ソリューションは、金融機関などが保有する個人データを統計的有意性は維持しつつ合成化(Synthetic)できるので、プライバシーを保護しながらデータ分析が可能となる。

Ginger Schmeltzer
Senior Analyst

Boston, June 1, 2021 – 金融機関にとって、個人を特定できる大量の「カスタマー・データ」が、社内システムのあらゆるところに存在しており、これらを保存/管理することは非常にリスクが高い。さらに金融機関や大手小売事業者においてデータ漏洩事件が多発したことで、企業の個人情報保護/プライバシー保護に対する信頼感は大幅に低下している。

本レポートでは、金融機関などの企業がシンセティック(合成化)データ・プロバイダーであるFacteusのソリューション:Mimicを活用して、個人情報保護とデータの収益化を両立させた事例をご紹介する。執筆にあたっては、Facteus社と同社ユーザーへのインタビューを行ったほか、第三者機関の調査結果も参照した。

アイテ・グループのRetail Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート(全9ページ)をダウンロードいただけます。本インパクトブリーフに掲載されたトピックの詳細につきましては、[email protected]までお問い合わせください。

本レポ―トはNational Retail Solutionsに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates