Fraud in Small-Business Lending, 2021: Lenders Under Attack Fight Back

Report Summary

Fraud in Small-Business Lending, 2021: Lenders Under Attack Fight Back

金融機関のSMB向け融資は、詐欺や不正行為の標的となっているが、テクノロジーと既存ノウハウを活用した防衛策が効果をあげはじめている。

David O'Connell
Senior Analyst

Boston, June 3, 2021 – スモール・ビジネス(SMB)向け融資ビジネスは、市場は膨大だが1つ1つの融資額は低く、かつ即決が必要で競争が激しいため、詐欺や不正が生じる余地も大きい。犯罪者にとっては格好の標的であり、脆弱性をみつけて攻撃を仕掛けてくる。これに対して、金融機関は、テクノロジーとリテール業務におけるベスト・プラクティスを活用し、詐欺を未然に検知して不正を防止することが可能になってきた。

当レポートでは、SMB向け融資市場における不正行為のトレンド、また、金融機関自身が自社の不正抑止策をどう認識しているかを解説した。執筆にあたっては、アイテ・グループとSmall Business Financial Exchangeが共同で、2020年12月から2021年3月にかけて、SMB向け融資を扱っている米国金融機関32社を対象に調査を実施した。

本レポートには図17点と表5点が含まれます(全33ページ)。アイテ・グループのWholesale Banking & PaymentsもしくはFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAccertify, Arkose Labs, Behaviosec, BioCatch, Bolt, buguroo, Callsign, Cleafy, Daon, DataVisor, Decision Logic, Dun & Bradstreet, Entersekt, Entrust Datacard, Equifax, Experian, FICO, FraudHunt, IBM Trusteer, ID R&D, IDMERIT, Incognia, IPQualityScore, Kofax, LexisNexis Risk Solutions, MaxMind, Nethone, Neuro-ID, Neustar, NuData Security, OneSpan, Oneytrust, Optimal IdM, Precognitive, Ravelock, RSA Security, Samsung SDS, SBFE, SecuredTouch, SEON, ThreatMark, TransUnion, TypingDNAおよびXTNに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates