Intelligent Oversight: Trade and Market Surveillance for 2021 and Beyond

Report Summary

Intelligent Oversight: Trade and Market Surveillance for 2021 and Beyond

証券業務においては、サベーランス機能の高度化が必須であり、社内リソースのみでの監視体制構築や、部門単位のトレーディング監視だけでは不十分な時代となってきた。

Vinod Jain
Senior Analyst

Boston, June 3, 2021 –証券取引の高度化にともない、取引執行や顧客とのコミュニケーション、市場の状況等を個別に監視するサイロ的アプローチでは、複数の取引所や複数のアセット・クラスにまたがる取引の透明性確保/データの可視化が困難になってきている。このようなサイロ化されたサベーランス・モデルは終焉を迎えたといえよう。

企業は、リスク・ベースの監視体制作りに重点を置き、取引にまつわる行動の全体像を把握するために構造化データと非構造化データをトータルで分析できる仕組みを構築し、新しいアセット・クラスを監視できるモデルを開発するとともに、従来からあるサベーランス・プログラムが発するアラートの精度を高める必要がある。

本レポートでは、サベーランス・テクノロジー・プロバイダーが注力している分野と、証券業界の変化に合わせて、昨今ソリューションがどのように進化しているかを解説、さらに、ソリューションの導入を検討している企業を年頭に、確認したい項目の回答も含めた。執筆にあたっては、サベーランス・テクノロジー・ベンダー18社に対してRFI(情報提供依頼)を送付しその回答を活用した(情報収集は2019年第4四半期から2020年第1四半期にかけて実施)。

本レポートには図14点と表2点が含まれます(全27ページ)。アイテ・グループのInstitutional Securities & Investmentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAbel Noser Solutions, ACA Compliance Group, BAE Systems, Bloomberg, b-next group, Eventus Systems, Features Analytics, FIS, GMEX, Intellect Design, Kx, List Group, Nasdaq, NICE Actimize, OneTick, S3 Matching Technologies, Scila AB, SteelEyeおよびTradingHub Group Limitedに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates