Lenders’ Perspectives: Consumer Loan Origination Vendors

Report Summary

Lenders’ Perspectives: Consumer Loan Origination Vendors

先進的なリテール向けローン組成システム(RLOS)を導入することで、金融機関/個人顧客双方の業務プロセスを改善することができる。 

Leslie Parrish
Senior Analyst
Francisco Alvarez-Evangelista
Research Associate

Boston, October 29, 2020 – コロナ・パンデミックにともなう急激な景気後退で不透明化が増す中、金融機関は、個人顧客からの高い期待と同業他社との厳しい競争環境にある。加えて、コロナ・パンデミック下、借り手の財務状態が見通せず、かつFace-to-Faceによるローン組成手続きが極めて困難というこれまでにない課題もある。このような環境下、すでにリテール・ローン・オリジネーション・システム(RLOS)を導入し融資プロセスを変革している金融機関は、有利な立ち場にあると言えよう。RLOSソリューションを適切に導入すれば、ローンを申し込む個人顧客にはスムーズなエクスペリエンスを提供できる一方、自社にとっても新規ローンの契約プロセスを効率的でコンプライアンス準拠なものにでき、更にローンのライフ・サイクル全体の自動化が可能となる。

本レポートでは、リテール・ローン・オリジネーション・システム(RLOS)に関して、採用する金融機関の視点(ベンダー・ソリューションを求める理由やベンダー選択基準、ソリューションの主要機能に対する見解など)をまとめた。執筆にあたっては、アイテ・グループが開発したベンダー評価フレームワーク”Aite Matrix”を活用し、リテール・ローン・オリジネーション市場に対するユーザーの声を集約した。

本インパクトレポートには図17点と表2点が含まれます(全27ページ)。アイテ・グループのRetail Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates