Mobility Will Change the Face of Auto Insurance: Are You Asleep at the Wheel?

Report Summary

Mobility Will Change the Face of Auto Insurance: Are You Asleep at the Wheel?

カーシェアなど新たな移動手段の利用が広まる中、自動車保険も変革を迫られている。

Jay Sarzen
Senior Analyst

Boston, October 21, 2020 – バイク・シェア/スクーター・レンタル/カーシェアなどが世界的に拡大し、消費者にとっては新たな選択肢となっている。これらに加え、ライドシェア/デリバリー・サービスも成長しており、個人所有とサービス利用の区分が曖昧になってきている。しかし、このような新しいモビリティ・サービスや車両の利用形態は現在の保険エコシステムではカバーできておらず、結果、消費者が適切な補償を受けられなかったり、保険会社が不測の賠償責任を負う可能性もある。このようなモビリティ・サービスの多様化に対して、損害保険会社は新たな保険商品/サービスを創出することができるだろうか。

本レポートは、損害保険業界が注目しておくべきモビリティ・サービスに関する主要トレンドとバリューチェーンへの影響を解説し、革命が始まろうとしているこの分野の指針を提供することを目指した。執筆にあたっては、2020年7月から9月にかけて、北米と欧州の保険会社/コンサルティング会社/テクノロジー・ベンダー合計26社とのインタビュー/ディスカッションを実施した。

本インパクトレポートには図10点と表4点が含まれます(全30ページ)。アイテ・グループのP&C Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAmazon, Bird, DriveNow, JUMP Bikes, Lime, Lyft, Mobike, Motivate, Tier, Turo, Uber, VoiおよびZipcarに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates