Policy-Based Authorization Management Has the Attributes of a Winner

Report Summary

Policy-Based Authorization Management Has the Attributes of a Winner

金融機関は、システムのアクセス・コントロールに関して、シンプルで明快な方法が必要だと考えており、「ポリシー・ベース手法」を採用して成功した事例が出現している。

Steve Hunt
Senior Analyst

Boston, January 26, 2021 – 金融機関にとって、システムのアクセス・コントロールは、扱いにくく、効果が出にくく、コストが嵩み、セキュリティ問題を抱える悩みのタネとなっている。各行とも複雑さを解消し、ルールを減らし、追加/削除/管理の手間を軽減する方策を模索している。北米と欧州の大手銀行が、たまたま同時期にこの問題の解決に取組み、途中経過は異なったものの、最終的には「ポリシー・ベースのアクセス・コントロール」という同じ結論に達した。当レポートでは、両行のアプローチと採用したソリューションを解説する。

アイテ・グループのCybersecurityセグメントをご契約のお客様は、本インパクトブリーフ(全8ページ)をダウンロードいただけます。本インパクトブリーフに掲載されたトピックの詳細につきましては、[email protected]までお問い合わせください。

本レポートはAuth0, Axiomatics, CyberArk, ForgeRock, IBM, Okta, OneLogin, Oracle, Ping Identity, PlainID, SailPoint, SAPおよびStyraに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates