Real-Time Payments Takeaways From the EMEA Treasury Council

Report Summary

Real-Time Payments Takeaways From the EMEA Treasury Council

企業の財務部門は、リアルタイム・ペイメントの導入を検討するにあたり、まず社内のビジネス・ニーズを把握する必要がある。

Enrico Camerinelli
Senior Analyst

London, 25 February 2021 – Real企業がリアルタイム・ペイメントに対応することは、請求書が印刷/送付されてから入金があるまで、或いは、送金までの時間が短くなることであり、必然的にキャッシュ・マネジメント/流動性管理の最適化問題を一体で考えなければならない。企業がリアルタイム・ペイメントに対応することは、流動性管理をはじめとする財務部門全体の業務がリアルタイム化することであり、取引銀行/ソリューション・ベンダーを含めて周到な準備が必要になる。

本レポートで取上げたリアルタイム・ペイメントのユース・ケースでは、企業がリアルタイム・ペイメントに対応するためには、最初にビジネス・プロセスを抜本的に見直してリアルタイム対応を行った上で、各種業務のリアルタイム化を進める必要があることを強調している。加えて、2021年1月に開催された「Aite Group EMEA Treasury Council(金融機関やフィンテック・ベンダーが提供するソリューションを詳細に検証する企業財務担当者会議)」での論議も紹介する。

アイテ・グループのWholesale Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート(全11ページ)をダウンロードいただけます。本インパクトブリーフに掲載されたトピックの詳細につきましては、[email protected]までお問い合わせください。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates