You are here

Refresh Your Payment Card Industry Compliance With Automated Redaction

Refresh Your Payment Card Industry Compliance With Automated Redaction

データ・リダクション・ツールを非構造化データに適用すれば、PCI DSS準拠が必要な業務/データを削減できる可能性がある。 

Boston, January 15, 2020 – PCIデータ・セキュリティ・スタンダード(PCI DSS)は、クレジット・カード/デビット・カードに関する情報を保護するため、15年前に第1版が登場し、その後、改訂を重ねてきた。2020年内に発効すると想定されるPCI DSS次期バージョンの考え方や、データ・リダクション・ツール等、新たに登場したテクノロジー等を活用することで、ユーザー企業はPCI準拠が必要な業務/データを削減しつつ、データ活用を拡大するチャンスが広がりつつある。

本レポートでは、PCI DSS改訂案の変更内容をまとめるとともに、PKWARE社のデータ・リダクション機能を解説した。執筆にあたっては、2019年第4四半期に、各社のCISOやPCI認定セキュリティ評価者、大手金融機関の経営陣などを対象にインタビューを実施したほか、筆者自身が大手小売業やプロセッサーに対してPCI活用戦略やPCI準拠のための体制作りを支援した経験も加味した。

アイテ・グループのCybersecurityセグメントをご契約のお客様は、本インパクトブリーフ(全8ページ)をダウンロードいただけます。本インパクトブリーフに掲載されたトピックの詳細につきましてはinfo@aitegroup.comまでお問い合わせください。 .