Request to Pay: Ready for Takeoff?

Report Summary

Request to Pay: Ready for Takeoff?

リクエスト・トゥ・ペイ(R2P)は、昨今、リアルタイム・ペイメント/オープン・バンキング/デジタライゼーションとともに銀行業界で注目されている新たなサービスで、急速に浸透しつつある。

Christine Barry
Research Director
Other Author: 
David Bannister

London, 8 April 2021 – 世界各地で、リクエスト・トゥ・ペイ(R2P)が導入されつつあるが、地域によってアプローチが異なるため、長期的に見た場合グローバルで同じ仕組みが普及するのか疑問視する声もある。一方、大手金融機関からフィンテック・スタートアップまで、ペイメント業界の関係者の多くが、今後R2Pがグローバル・ペイメントにおける重要な要素になると見ている。ホールセール・バンキングの分野でも、R2Pというコンセプトを用いて画期的なペイメント・ツールやサービスが登場するだろうか。

アイテ・グループのWholesale Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本インパクトブリーフ(全11ページ)をダウンロードいただけます。本インパクトブリーフに掲載されたトピックの詳細につきましては、[email protected]までお問い合わせください。

本レポートはABN AMRO Bank, Answer Pay, Banco BPM, Banca Sella Holding, Banco de Sabadel, Banco Bilbao Vizcaya Argentaria, Bank of Ireland, Bankifi, Barclays Bank, BNP Paribas, BPAY Group, Caixa, CGI, Citibank, Commerzbank, Credit Agricole, Deutsche Bank, DNB Bank, DZ Bank, Euro Banking Association, Elavon, Erste Group Bank, Google, HSBC, HSBC France, ING Bank, Intesa Sanpaolo, Intuit QuickBooks, J.P. Morgan, KBC, Lloyds Bank, Mastercard, MultiSafepay, Nets, Nordea Bank, NPP Australia, OP Corporate Bank, Ordo, P27, PPI, Sage, Santander, Societe Generale, The Clearing House, UK.Pay, UniCredit Bank AG (HypoVereinsbank), UniCredit SpAおよび Xeroに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates