Sensitive Data Everywhere: Find It, Classify It, Manage It, and Protect It

Report Summary

Sensitive Data Everywhere: Find It, Classify It, Manage It, and Protect It

非構造化データのセキュリティ対策:新たに登場したツールを活用し、コンプライアンス・リスク/サイバーセキュリティ・リスクを軽減することができる

Joseph Krull
Senior Analyst

Boston, November 24, 2020 – 企業の社員は、日々の業務として機密性の高い情報が含まれる書類を作成していることから、セキュリティ対策が必要なデータは常に増加していると言える。これらのデータは、ほとんどが非構造化データであることから、従来のセキュリティ管理手法(データベースやアプリケーションを対象にセキュリティ・コントロールを実施する)は、効果的ではなくなってきいている。ごく最近まで、非構造化データの管理には注意が払われておらず、ましてや非構造化データを不正使用や盗難から守る努力はなされていなかったが、プライバシー保護が義務化されたことを背景に、機密情報の所在を把握し管理のためのツールが登場している。

本レポートは、非構造化データに関するセキュリティ強化策(機密データの所在を把握する方法/データの分類/管理/保護対策等を、組織全体に取り入れる方策)に関する提言を行うものである。

アイテ・グループの Cybersecurityセグメントをご契約のお客様は、本インパクトブリーフ(全7ページ)をダウンロードいただけます。本インパクトブリーフに掲載されたトピックの詳細につきましては[email protected]までお問い合わせください。

本レポートはFasooに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates