Top 10 Trends in Fraud & AML, 2021: Onward and Upward

Report Summary

Top 10 Trends in Fraud & AML, 2021: Onward and Upward

金融機関を取り巻く環境は、顧客のデジタル指向の高まり/予算削減/不正防止ベンダーの買収/統合など、変化が続くだろう。

Julie Conroy
Research Director

Boston, January 6, 2021 – 2020年、コロナ・パンデミックは、金融業界だけでなく社会全般、そして金融犯罪の新たなトレンドを生み出した。2020年年初に景気後退を予想していた金融機関はあっても、パンデミックのような巨大な衝撃に備えていた経営者はほとんどいなかった。世界的なロックダウンにより、消費者/企業が銀行へコンタクトする手段は一変し、組織犯罪組織の活動も一夜にして大きく変わった。2021年、唯一確かなことは、ニュー・ノーマルは、パンデミック前とは大きく異なるということだ。

トップ 10 トレンド 2021 - 【Fraud & AML】
新たな進化の始まり

 1.   銀行犯罪が再び増加する
 2.   クラウド・ベースの金融犯罪防止ソリューションへの期待高まる
 3.   欧州がPSD2 SCAを施行:ECサイトでの普及には時間が必要
 4.   PSD2 SCA施行の余波:非規制国でのCNP詐欺が増加傾向に
 5.   AML業務を効率化するため、新テクノロジーの採用が増加する
 6.   政府の景気刺激策を狙った不正行為:手綱を締める規制当局
 7.   AMLコンプライアンス分野でのBPO活用広まる
 8.   ポイント・ソリューション・ベンダーの買収/統合が増加
 9.   暗号通貨に対する不正監視ニーズ高まる
 10. 金融業界でも犯罪防止に対するコラボレーションが広まる

アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、このインパクトレポート(全18ージ)をダウンロードいただけます。

本レポ―トはAmazon, Apple, Bank ID, Cyber Defence Alliance, Early Warning Services, Experian, FIDO, Google, LexisNexis Risk Solutions, Mastercard, Merchant Risk Council, Microsoft, The Knoble, TransUnionおよびVisaに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates