The U.K.’s Wealth Management Sector Post-Brexit: Keeping Calm and Carrying On

Report Summary

The U.K.’s Wealth Management Sector Post-Brexit: Keeping Calm and Carrying On

Brexit後の英国に対して、ウェルス・マネジメント業界関係者は概ね強気である。

Meghna Mukerjee
Senior Analyst

London, 4 March 2021 – 2020年、世界中がコロナ・パンデミックによりかつてない変化を経験したが、2020年末にECを脱退した英国は、さらに大きな変化の時代に突入している。EU脱退は、2016年6月に実施された国民投票の結果であり、その後、英国とEUがBrexit後の貿易協力協定を締結するに至った道のりは、波乱に満ち溢れていた。だが、英国全体の困難な移行作業は始まったばかりであり、英国のウェルス・マネジメント業界においても、新時代に適応した新たな道筋を見つけるためには時間が必要だろう。これまで、英国のウェルス・マネジメント・ビジネスは、安定した事業として世界中で一目置かれる存在であったが、この繁栄を維持し発展するためには、更なる進化を遂げる必要がある。

本レポートは、英国ウェルス・マネジメント業界のBrexit後の状況を概観し、世界的なウェルス・ハブとしての英国の地位を脅かすかもしれないBrexitの影響と今後考えられるビジネス・チャンスを解説した。執筆にあたっては、2021年1月に業界関係者に対するインタビューを実施し、更に二次調査で得た情報を加えた。

アイテ・グループのWealth Managementセグメントをご契約のお客様は、本レポート(全16ページ)をダウンロードいただけます。本インパクトブリーフに掲載されたトピックの詳細につきましては、[email protected]までお問い合わせください。

本レポートは、AA Advisors, Citigroup, Credit Suisse, Deutsche Bank, Goldman Sachs, Monzo, Morgan Stanley, Nomura, Refinitiv, Revolut, Standard CharteredおよびUBSに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates