U.S. Health Insurance Rewards and Incentives: Motivating for Wellness

Report Summary

U.S. Health Insurance Rewards and Incentives: Motivating for Wellness

アンケートによれば、消費者は、コネクテッド・デバイスが無償貸与されれば、健康保険会社に個人データを提供してもよいと考えている。

Inci Kaya
Senior Analyst

Boston, February 6, 2020  – IoT時代の到来により、個人の行動から発生する様々なデータを記録できるコネクテッド・デバイスが登場している。もし、これらのデータを継続的に捕捉し活用できれば、ヘルスプラン(民間健康保険)の分野で極めて貴重な情報源となりうる。

本レポートは、健康保険を提供する保険会社に対して、保険商品にリワードやインセンティブを付与することで、商品力強化の指針となることを目指した。ここでは、顧客のコネクテッド・デバイス/モバイル機器の所有率や活用方法、保険会社に個人情報を提供することに対する意識/懸念などをまとめている。執筆にあたっては、2019年第1四半期、米国の消費者766人(うち325人が健康保険に加入)を対象にアンケート調査を実施した。

本インパクトレポートには図58点と表1点が含まれます(全64ページ)。アイテ・グループのHealth Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAmazon, Apple, BeautyRest, Dario, iHeart, Contour NextOne, DiamondClean, Fitbit, FitIndex, Garmin, Google, Ideal For Me, Jawbone, Kolibree, Microsoft, MyFitnessPal, MyFoodDiary, Nest, OnStar, Oral-B, Omron, Polar, Philips, QardioArm, Renpho, Ring, RunKeeper, Rhythm, Samsung, Scosche, Tacx, Weight Watchers, Welch AllynおよびWithings/Nokiaに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates